チラシの裏のメモ書き

嘘と本当もあるちゃんと言えないブログ

言うだけなら簡単な目標

女性の容姿には、段階があると思う。
テレビの中の人は、上の上。
モデルスカウトされる美人さんは、上の中。
一般人は、上の下~中の下くらいなんじゃなかろうか。

ちなみにわたしの容姿の自己評価は、下の中だ。

黙っていたら、良い感じなのに。
化粧をして、服を変えたら良い感じなのに。
とよく、女友だちからは、そう言われていた。

歴代の恋人さんといっても、二人だけなんだが、彼らの評価も、付き合うまでは、見た目が素敵だなというやつだったらしい。
いやー、一目惚れは盲目、付き合うと評価がガラガラ崩れるのは面白い。一緒に行動して、ギャップに萌えてくれているのか、付き合ってもらえるのは、ありがたい。
告白だけしてくださり、お付き合いに至らなかった方も居る。これも、片手くらい。きっと、ギャップに萌えてくださったのだろうな。なかなか、ありがたい。

良いプロデューサーがいたら、普通の人程度までは、レベルがあがるのだろうか。自分をプロデュース出来ないから、高校デビューとか、大学デビューなんて、できなかった。

そういえば、成人式の時と、卒業式の時に、化粧をして着物を着たら、綺麗だね、顔が良いねと女友だちに言われた。
もしも、お見合い写真に使うなら、成人式の時の写真を送ろう。自分のなかでは、一番ましな顔立ちだから。

マナーの本と、化粧の本は読んでみよう。体型は、意識して、ダイエットをしたから、それはいい。ユーチューブで、化粧の方法とか、姿勢を強制方法を見て、学んでみよう。
服装はどうにもならないので、一般的に綺麗と考えられるファッションの真似をし、自分の持つ服からなんとか、真似出来るものを選んで着てみよう。

いろいろ残念だけど、現実からは逃げまいと決意した。残念なら、下手なりに上手な人の真似をして、磨いていこう。

素材のよさだけで、勝負できるのは、10代までで、20代は中身がダメだと年長者さんには、相手にすらされない。
カッコいい30代になりたい。見た目は、オードリー·ヘップバーンさんや、エマ·ワトソンさんみたいに綺麗で、中身は、池上彰さんみたいに、常に学び続ける人になりたい。
エマ·ワトソンさんは、中身もカッコいのかもしれない。残念ながら、一部の報道でしか中身がわからないから、英語がわかればいいのにな。
目標が高すぎるだろうか。
せめて、中身は知り合いのおじちゃんみたいに50代でも、常に新たなことを知り続けるカッコいい人になりたい。
なんで中身が目指せおっちゃんなのかは、女性的な見た目と、男性的な中身でギャップに萌えてほしいからだ。
脳の性自認は、女性なので、そういう意味の男性ではない。