トイレの張り紙のこと

さっきのから、脱線したの。

なんとなく、このトイレの張り紙の『ありがとうございます』にけおされて、きれいに使おうと思う。例えばだけど、『~すると困る』『~するな』という否定語ではなくて、『して頂き、嬉しいです』とつける。例えばだけど、『いつも、みんな様の本を丁寧にご利用頂き、ありがとうございます』とか。
という文についた、返信ツイート。
https://twitter.com/elcmjh/status/895617073614696448

あなたの言葉は大事な視点というか、貴重なひとつの意見です。利用者を意のままに管理しようとしていたかもしれず、気をつけないとと思いました。「ありがとうございます」とか「一歩前にお進み下さい」は丁寧語で、普段も聞くゆえに、気づきませんでした。無意識にいつも聞く言葉が統制語、管理語だと思います。
続きます。無関係かもですが、電車のホーム、エレベーターでの事故防止用のアナウンス、バスのアナウンスも、事故防止用に丁寧語で「~してください」とか「~されますと、事故になります」とあります。それも管理、統制表現かなと。トイレは、清掃を減らす、多くの他者が利用する理由で綺麗を働きかけている、と感じました(さかさんの表現より)。読み間違い失礼しました。緒個人への統治、管理、行動の制約語ですね。私の図書館本ツイートでは、修理の作業削減を狙ってました。トイレの表現に、私自身が「トイレを綺麗に利用せねば」と威圧を感じたのに、他者にそれを強制してはいけないとも。
事故を防ぐためのアナウンスと、トイレ利用の表現は意図は違うかもです。けれど、私は、街中でたくさんの制約し、無意識に働きかける管理する言葉を聞いて、それの通りに行動しているとも感じます。質問です。街中のBGM(アナウンス)には、管理されてると思うことはございますか?長々すみません。

お返事
https://twitter.com/elcmjh/status/896026924333514754

街中のアナウンスや音楽から、"いそぎたてる"とか"購買意欲を煽る"ように感じるのですね。これまでのお話から、無関係かもですが、ミヒャエル·エンデ(作)の『モモ』という作品を思い出しました。ゆっくりと過ごす時間などを貯金して、常に動くことを要求する。時間銀行·灰色の男達=街中の音みたいな。