あるツイートから派生した考え。

https://twitter.com/dellganov/status/895304464210448385

このツイートについて、考えたこと。

マナー感って、なんだろう。貸さないという対応は、反発を招くのはわかる。なんとなく、利用する側としても、厳し過ぎると思う。全然関係ないけど、思うことがある。コンビニのトイレやお店のトイレで、『きれいに使って頂きありがとうございます』というお礼がトイレの壁に書いて貼ってある。
なんとなく、このトイレの張り紙の『ありがとうございます』にけおされて、きれいに使おうと思う。例えばだけど、『~すると困る』『~するな』という否定語ではなくて、『して頂き、嬉しいです』とつける。例えばだけど、『いつも、みんな様の本を丁寧にご利用頂き、ありがとうございます』とか。
例えばだけど、『貸し出しません』じゃなくて、『お読み頂けましたら、貸し出し期限に返却して頂けましたら、図書館として嬉しいです』『予約が入っていなければ、再度の延長も可能です』とか。
本の奥付け、中身に書き込み、線引き、ページを破られた、貸し出し期限を過ぎても返却しない、とかと聞くと、つい厳しい姿勢で行っちゃうみたいよ。長期未返却者は、返却するまで利用禁止とか、返却期限守れなかったら、過ぎた期限内は貸出しないとか。
厳罰化がいいのだろうか。図書館の本を大切にしないのが、なくならないのは、なぜなんだろうか。そもそも、図書館の本に、どうして書き込みが出来るんだろう。