片想い(ショートショート)

伊世さんへ

お疲れさまです。三和です。最近、おもてなしをされてばっかですね。植物園や水族館、華子さんのライヴとか。

 とても、楽しく過ごさせて頂いています。植物園、花がきれいでしたね。解説がきけたり、貴婦人をひっくり返したような植物があって、面白かったです。ちょっと慣れなくて、緊張していました。

 水族館も、ワクワクしました。食べ物につられて握手してくれる海獣さんとか、ダンスするアシカさんとか、アザラシさんとか、大きかったです。 

今度は、奈良に来ませんか。8月X日~1X日まで、奈良公園付近で燈花会というイベントをしています。人が咲かす火の花を、一緒に見ていたいと思いました。生きている花じゃなくて、人が作り出した花なんです。201X年から一人でボランティアに参加して、燈花会というイベント用に火の花を作ってきました。お客さんはいつも、楽しそうで、私もそういう風に楽しみたいと思っていました。その場のボランティアの人と、寂しくて、一緒に見て回っていました。誰かと行きたいな~と思ってて、多分、誘っても、誰も来てくれないだろうな~と怖くて、誰も誘えていなかったです。 今年は勇気をふりしぼって誘ってみたけれど、みんな無理そうでした。 もともと、このイベントには、来て欲しい方も居たのですが、素直に誘えなかったんです。

忙しいのを知ってたし、断られるのが怖かったからです。

今年は関係が変わったので、元恋人の彼女と、彼女の新しいパートナーを誘ってみました。まだ、未練がある気がしますね。

  そういえば家族は、誘ったことないですね。  あなたなら、来てくれそうだと思いました。伊世さん、一緒に、見に行きませんか。

忙しいから、無理でしょうか。

 知っています。疲れていると、返事も出来ません。だから、あなたにも言えなくなってしまうのです。話がしたいのに、とっても大事なあなたに見て欲しいのに、だんだん、あなたにも言えなくなってしまうのです。

  え、本当ですか?嬉しいな。来てくれるのですね。ワクワクします。