外に出る

買い物や仕事は、頑張って、「エイヤー」とか、掛け声を口に出して、扉をあける。そう鼓舞しないと、どこかに出るのが難しい。 人と約束したら、出掛けるのは出来る。でも、そのときもよほど親しい方でないと、鼓舞が必要だ。 時間があるなら、付き合ってく…

取り扱い説明書(仮)

私は、適応障害と言う診断名があります。以下のような、内容が当てはまります。 なんでもないことが、気にかかります。気持ちが気がかり過ぎて、緊張状態です。だから、体が、疲れます。たまに、何気ない言葉に対して、涙が出てきます。 他にわたしは、言葉…

月の片割れは大根

月は、真っ二つに切られたようにはんぶんこでした。 月の片方はコンビニおでんの大根となりました。 コンビニでおでんが、買われました。人間に、食べられて、排泄されて、トイレで流されました。浄水場から川に流されました。そして、川の空気が太陽の熱で…

思いつきさんの、炊飯器ケーキ

三和さんは、図書館でよく本を読んでいました。そのなかに「こまったさん」というタイトルの本がありました。 三和さんは、時々、自分の行動を米粒や、空気に語らせました。名前のない物に語らせることで、第三の視点で自分を俯瞰しようと思うのです。 三和…

愚痴は言わない、疲れた

私は、文章で書くことにより、世界を判断する基準がわかる。 最近、自分の目で見てみて、フェイスブックの記事を消している。 人から、面接官の目で見て、フェイスブックの内容を吟味するように、というアドバイスを受けた。そして、私はそのアドバイスに従…

フェチについて

兄は、肌触りのフェチだ。足の裏がスベスベなことで、他人と自分を比較する。兄は、健康を保つためによくプールに出かける。そこで、泳ぐ際に他人の足の裏を見ている。その時に見た足の裏を、個人名をあげながら、汚いとか、カサカサとか、家に帰宅してから…

正倉院展についてのメモ

正倉院本 一堂に 書店、図書館に特設コーナー:読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20171105-OYTNT50110.html こういうフェアがあるので、捕捉します。 まず、この展覧会の狙い目、人が少ないのは、平日の夕方です。 なぜなら、この期間は団…

図書館と出版、作家 メモ

図書館にお願いする出版社、作家さんのこと、それに関するニュース、言及したブログのことです。個人的なまとめです。 2011年 図書館に、貸出を控えて欲しいという作家さんのお願い 2011/03/08 「出版後、半年 貸し出し控えて」巻末でお願い」朝日新聞デジタ…

めちゃくちゃな期待

この文章は、期待から来ている。私には出来ないから、こうあってほしい。 けれども、私は俳優でも女優でもないから、期待しすぎる。もっともっと、知らねばなあないのだろうか。 知らないから、期待が膨らむのだろうか。 俳優さん(女性も含む)の演じる役柄が…

私がブログを書きたくなるとき

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」 私の語りたい気持ち、その内容を、書くことによって、満たしていきたいからだ。 頭の中に、ぼんやりと、誰かに話したいという内容がある。しかし、誰にも聞いてもらえない。さらに、そのぼんやりとした自分の思…

抹茶味クッキーを作る

クッキーが、うまく出来た。嬉しかった。 参考にしたのは、cookpadの以下のレシピだ。1.簡単やみつきクッキー♪卵なしでサクサク☆ by みるてぃ https://cookpad.com/recipe/15191702.トースターで簡単♪さくさくチーズクッキー by toddchiku https://cookpad…

頭で行き先を探して、身体は待つ

外に出た。用事が終わって、駅に戻った。人が多いので、とりあえず、人が少なくなる路線の電車に乗る。 適当な駅で降りた。意図していたというか、駅名を聞いて、知り合いが浮かんだ。降りたのは、知り合いが勤める職場の最寄り駅だった。 そして、また迷う…

10月をふりかえる

1、自立支援医療の存在を知る。→図書館に情報はあるのかな。 2、お弁当は、食べれたらいいかも。 でも、栄養も偏っていないかは気になる。 3、期待を寄せてくれる人は、自分が変わるという原動力になる。→それまでは、「期待は重たい」、「出来ないから辛…

ワンピース

Good Job Center!KASHIBAのオンラインショップで、リバーシブルのワンピースを買う。 GOOD JOB STORE着てみたら、こういう感じだった。水色を使ったストライプのようにも見える柄の方。 ネイビーの無地の方。 インターネットで見て、すごくひかれてしまう。…

子どもは可愛いらしい

私には、兄がいる。兄は、私と年子だ。彼がひとりで歩き出す頃に下の子が出来た。兄は、その時から一番可愛がられる対象ではなく、お兄ちゃんになった。 お兄ちゃんは、不思議だ。ホームビデオに、不思議な様子がうかがえる。ビデオに写る兄(1歳かな?)は、…

政治の話をしない理由

公共空間や会社の休憩室、喫茶店で政治と給与の話はタブー視される。そんな気がする。この人なら、この空間なら、大丈夫。そういう空間や人と、しかも小声でヒソヒソ言わないと、身の安全が保証されないと、感覚的に感じる。特に、自衛隊とかについて言うと…

辛いとき言えたら良いな

決意の朝に Aqua Timez 決意の朝に Aqua Timez - 歌詞タイムこの歌の歌詞が耳に染みる。 辛いときつらいと言えたらいいのにと思う。歌詞のように、強がって、なんでもないフリをする弱虫だ。 自分の感情の我慢が出来ないときや、感情の面倒が見れないときが…

ファインダー越しの子ども

ツラいとき、ツラいと言ってもいいのは、子どもだけなのだ。 私は、余裕がない成人だった。大学一年の時に、アルバイトを始めた。それは子どもと接する仕事だった。けれども、特に0~3歳くらいの子どもがすごく苦手だった。 彼らのことが理解できなかった。…

ちょっと雑感

豚肉というか、肉団子やハムじゃない、お肉は1ヶ月ぶりだ。食べるのがすごく楽しみだ。先月は食べるのも、買うのも制限していた。今月は400円のお肉(豚肉)を買う。 そして、静岡ミカンのゼリーは、実家の母、手作りだ。母は、ジューサーミキサーを活用して…

妊婦さんの実況中継

今週のお題「私の癒やし」 私の職場には、妊婦さんがいる。その方がたまに、立ち止まって、お腹の中の様子を中継してくれる。 「今、すごくぐるぐる回っている」とか、「今は、落ち着いている」とかだ。たまに、顔色がさえないと心配になる。また、その方の…

安藤さん図書館建築ニュース感想メモ

図書館利用者として、気になるニュースへのメモ書きがある。 乙女なフワフワ感想だし、データはないから、説得力はない。さらに、思考内容も論文コピペだ。それでも、やっぱり出す。9月19日頃のニュース。 <建築家>安藤忠雄さん、大阪市に図書館寄贈 寄付…

たまには、英語でも。

When I came back home, the mikans(means oranges) ware on my desk. "We ware waiting for you~." I thought it as such a face.they born in Shizuoka. In the storm they were brought to my house by my brother .家に帰ったら、みかんがあった。待って…

整理のつかない透明

サントリーの商品のひとつに、透明なミルクティーというのがある。見た目は、天然水だ。でも、ただの水ではない。味はミルクティーそのものだ。 最近の商品では、そのように味がついている水がある。これは、パッケージがなければ、見た目からは何味かはわか…

文庫貸し出し禁止お願いから考えたこと

本を読む私の中で、そして、図書館ユーザーとしても、気になるニュースがあった。文庫本「図書館貸し出し中止を」 文芸春秋社長が要請へ:朝日新聞デジタル 記者:赤田康和氏,2017年10月12日付け記事 文庫本「図書館貸し出し中止を」 文芸春秋社長が要請へ:…

私の情報収集方法

情報環境 インターネット環境と、ラジオのみ。 テレビはない。kitoneさんのプロフィール - はてなさんという方が居て、だいぶ前から、この方のblogの以下の記事のように、情報収集をしています。 ………作者さんのお名前などを間違えていました。すみません。誠…

お米の話

最近の三和さんは、顔が泣いてばかりだ。彼女に買われたお米は思う。 僕らは水蒸気の中にも居るし、米粒の中にもいる。意志があるのか、どうかは、わからない。僕らの語ることは、それぞれが消える前に見聞したことだ。 冷蔵庫の中からでも、彼女の言葉が聞…

私の好きなもの

まずは小物からだ。帽子。暑いから、日差しを防ぐ役割がある。寒いときに耳までホカホカにしてくれる。帽子をかぶるのは、気温調整もある。人の目から私を守るという自分のプロテクト的なものだ。 父に買ってもらった戦艦大和のロゴ帽子も、高校時代から使っ…

ハリネズミと花畑

ハリネズミは、いつも、いつも、不満ばかりを言っていました。 朝早くご飯を探しに行き、その時に、林や花畑を通り抜けます。ご飯のあるところについた時には、すっかり、疲れてしまっていました。 「なんで、僕はこんなに疲れてまで、ご飯を食べるのだろう…

空想遊びは好きだった

その時々で読む本や、物語(アニメ含む)に影響を受けやすい子だった。幽霊や精霊が、見える子になりたかった。 →上橋菜穂子さんの「精霊の守人」と、荻原規子さんの「勾玉三部作」、前田珠子さんの「破妖の剣」が好きだった。男になりたかった。 →「とりかえ…

ケチケチする

給与が少なすぎて、ケチケチする。でも、どっかで使いすぎなんちゃうかな。家計を見直したけど……。情報源が携帯電話だけになった。ラジオはあるけど、お隣さんに聞こえそうで聴かない。 そうなるといろんな情報がない。ロボットがこれを好きかもと判断した情…