ボーイズラブのあるシーン

あるボーイズラブ小説を読んで共感したのが、好きな人に触れられたらドキドキするけど、それ以外に触れられたら気持ち悪いという部分だった。
登場人物は、性的には、異性が好きな男性だけど、人間的に同性を好きになってしまう人のことだ。好きな同性に触られたら気持ちいいけど、それ以外の同性に触られたら、気持ち悪いという表現が出てくる。
異性愛者の男性がそもそも、同性愛者から理由があって、体を求められて、それを嫌悪しないという点でファンタジー。
体から入った関係なのに、徐々に一緒にハプニングを乗り越えていくうちに、人間として好きになる。そこで、あれ、って気づかないのもファンタジー。
体の関係から入るのは共感出来ないのだけど、好きになる理由ってのは、中身だよなとか、中身が好きだと、性別も越えちゃうのが愛というか、ファンタジーだけど、そうあってほしい。
あと、私は別に同性愛という現実が好きなのじゃない気もする。
男同士という事を悩んだり、嫌悪を抱くという考えを持たずに、スッと、好きか、嫌いか、わからないと、人間としてのその人個人への自分の感情で判断するという描かれ方、そういう人間性が好きなんだよな。
うまく言えないけど、ファンタジーのノンケは、すごい出来た人が多い。ファンタジーと現実は同じじゃない。
でも、濡れ場シーンは読みたくないけど、読んでしまう。
だって、AVみたい。ファンタジー満載すぎて、笑うしかない。シュルシュルリンと、処女(童貞?)が、すぐに入っちゃう。しかも、全然疲れていない。体力消耗するだろう。絶対に痛すぎてヤバいレベルだろう。そんなシュルシュルリンと入らないだろう。行為後もアチコチ痛いだろう。それって、愛で乗り越えれる痛さじゃないぞ。興味はあるけど、リアリティーを求めて突っ込みをしてしまい、あ、ファンタジーじゃなくなると思う。
濡れ場なくてもいいけど、ストーリー上必要だから、濡れ場があるんだと思う。
けど、この部分はさらにファンタジーすぎるのよ。
女性からもモテモテやんとか、思う。
個人的に思うのは、ボーイズラブに女性作者さんが多くて、理想の男性を求めている結果、そういう男性が出来上がっちゃうのかしら。
いや、世に溢れた物語も男性が描くものと、女性が描くものは互いの理想が現れた異性だから、そういうものか。
ファンタジー。
片思いとか、思いが通じ会うまでがドキドキして、キャーとか、思う。
理想的には、ボーイズラブにも、『その晩、初夜を迎えました。ちゃんちゃん』と書いて、濡れ場は描かない。そのあとの痴話喧嘩とか、親への報告とかを描きたいよな。
めぞん一刻』の1シーンみたいに、カーテンの閉まった部屋のシルエットだけが見えて、町の風景が写し出されるみたいを表現でいきたい。
読者にどんな夜かはまかされている、みたいな。
でも、書きたい気持ちがあるから、濡れ場もあるのだろうな。

どうでもいいことを語り尽くす

BLという分野に興味を持ったのは、小学生から。インターネットで二次創作BLを読み、お話を楽しむ。BLネタを三次元に持ち込みだしたのは、20歳を越えてから。
初めて彼氏さんが出来たのは21才の時だ。
彼さんを家に連れて行くと、母が、当時30代くらいのジャニーズの○○に似てると連呼して、カッコいいねと誉める。
芸能人はよく知らんから、びっくりした。
顔で選んだとしたら、彼さんのメガネにグッと来たとしか言いようがないのだが。
かつ、その彼さんが私立の中高一貫の男子校出身という話で、恋愛について聞いてみた。片想いの相手が居て、相手の子は、自分より大きな体型だったらしい。
それまでは、文章で読むBLが好きで、イラストは嫌いだった。頭の中でも、ひたすら文章に萌えていた。
想像力がないので、文章で読んでも、映像再生は出来ない。
それなのに、自分の彼さんの思春期の片想い話を聞いて、二次元を飛び越えて、いきなり、三次元に飛んでしまった。
彼さんと、想像の片想いの相手をカップリングして、ウハウハ楽しんでいた。
かくして、メガネ萌えと、三次元の自分の彼さんを誰かとカップリングさせて楽しむという癖は、初彼さんにより、完成した。
もしかしたら、面食いかもともとか思っていたが、だいたい、小学生くらいから片想いの人はメガネだったと気づいた。
しかも、ジャニーズは苦手だとも気づいた。
多分、ジャニーズ顔で女口調の男子の同級生に、良い思い出がないせいだと思う。 
あと、彼氏さんを好きすぎると、やたらと自分の数少ない女友達と、くっつけたくなる癖もある。
ほんまにやる気はないけど、浮気するなら、あの子みたいな変な妄想を繰り広げる。 
あと、20代後半になると、かわいい女子を見たら、可愛いねと言いたくなる。おっさんじゃないけど、ボディータッチもしたくなるから、脳内で楽しむ。
多分、自己肯定感が低すぎて、他者を自分より上に見る癖のせいだ。
今の彼氏さんにも、ちょうどよく、長電話をかけてくる昔馴染みの男友達が居る。しかも、○○くんと下の名前で読んでいる。
その状況を聞くだけで萌えてしまった。
昔の彼さんも、今の彼さんにも話すと、めちゃくちゃ嫌がられた。
妄想は、否定されなかったから仕方がないから、お友達の○○くんと彼さんは、普通の男友達にした。
そして、自分がもしも、彼さんを四分割した男性キャラクターに好かれる男子だったらという設定でお話を書いてみた。
昔から女子が男になり、そうと知らぬ間に男装に惚れる男子たちが自分はホモかもと、苦悩する話も好きだった。
格好いい妻子持ちの人も好きで、なんでだろうと、彼さんに話していたら、それはLIKE だろうと言われた。確かにそうかも。
しかも、似たような顔の人ばっかなんだよな。しかも、だいたいメガネ。年代は30代~50代まで幅広く妻子持ちで、格好いいのは生き方や、考え方だ。
女性も、子持ちの人が好きである。だいたい、言葉のセンスが優れた人が好きだ。ただし、女子はかわいい人に限る。

自分は、面食いかもしれない。
小学生の時に好きだった男性俳優さんは、ちょんまげ姿の松平健さんだった。
同年代だと、11歳~14歳までのダニエル·ラドクリフくんが好きだった。
あと、里見浩太朗さんや、藤田まことさんも、好きだった。右京さん役の水谷さんなんて、眼鏡で萌えた。
大岡越前さんを演じた加藤剛さんも、好きだった。
女性ならスクリーンに出た時からずっとファンのエマ-ワトソンさんだろうか。あと、観月ありささんや、由美かおるさん、松下由樹さんだろうか。
片平なぎささんも好きだ。
そして、

初恋の相手は、メガネ男子だし、中学の初恋の相手は勉強が出来た人だった。
イケメンなら、幼稚園から知っている。その子はメガネを外したダニエルくん似だった。その子は顔がうまいこと、可愛い顔→少年の顔、青年の清閑な顔と成長していって、成人式で再会した時はめちゃくちゃイケメンになっていた。しかも、勉強が出来て、スポーツも出来て、さらに中学生のスポーツ大会で全国優勝までしやがった。だけど、性格がキツくて、苦手だった。
 イケメンアレルギーは、その子と、高校時代の女口調のダンスのうまいイケメン同級生のせいだ。
 顔がジャニーズ系はダメだ。しかも、初彼氏さんには、女が出来て、フラれた。ま、仕方ない。
私が好きになってもらえるなんて、めちゃくちゃ珍しいことであり、今の彼女が私より素晴らしいからだ。
そういうこともあるさ。

図書館の資料の複写に関して

あくまでこの内容は、フィクションであり、実在の団体や法律とは無関係です

主にアニメ、攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX の世界観に、影響を受けています。

写真での無断複写、撮影が多いので図書館として、法の拡大解釈を適応して、運用する。

図書館で、資料のスマートフォンでの、写真撮影をオッケーにする。撮影場所を決める。
さらに、撮影に関して、著作権法での複写のルールを適用する。必ず住所、氏名を書いてもらい、確認に身分証明を見せてもらう。そうすることで、館内での資料のスマホ等による無断撮影、複写を防ぐ。
問題は、その画像がどう使われるのかわからないことや、著作権法に触れることだ。
あと、出版社、著作権を持つ方にどう説明するか。お金が発生する事案かも。
それと、氏名と住所を書いてもらうことには、個人情報を知らせたくないという利用者の方も居るだろうし。
文言に制約文を含むから書いてくださいか。監視者みたいだな。

資料、情報をいかに管理していくかで、法の改正を要求か、拡大解釈かが必要。
図書館として、電子媒体に、2度目の複写というか印刷が出来ないように処理をほどこす。紙の場合は……読み込んだときに、エラー通知が出るようにしたり、読み込めない文字にしてしまう。願わくば、トグサさんにしか調べれない図書館でありたい。

コンビニのコピー機とかで、図書資料を勝手にコピーされてたら、図書館も手が出しようがない。無断で資料を複写されてても、現場を押さえないと手が出せない。コンビニのコピー機に著作権の適用ってあるのかな。あと、個人の利用は、個人の自由だ。
私の妄想、監視社会を目指すみたいで嫌だな。

無断で写真撮影も、同じ。
図書館は、利用者の方に性善説を適用、性善説前提で資料の提供を行っている。のかな?

気になる。
性善説に基づくサービス提供をうたった場合、個人情報を確認させよとかになると、こっちは、あなたを信じて居ませんよ、みたいな感じを受けそう。

 
Q. もしも、記述進歩で目の技(擬?)体化が可能になったら。複写対策は、どうする?

●擬体化した目で読み取れないように、QRコードのようなエラーコード媒体を書物につける
→出版物に今後、エラーコード媒体をつける場合、書籍の価格が高騰しないかが心配。

●今ある出版物、図書館の本には、つけれない
→だから、擬体化の次点で、無断で複写を読み取り不可能な機能か、誓約書を搭載する?

●図書館内に、電磁波を流して、無断読み取りエラーが起きるようにする

●図書館の入り口にゲートを設けて、身分証明がないと、目が機械化した人は入れないようにする?
→図書館の理念に反する

●複写が可能な世界なら、図書館がなくなっている可能性も……

一緒に子と母になっていく

お腹が丸くなってきた職場のスタッフさん。
でも、エプロンの上からはそうとわからないので、他の人が気づいた。
私の反応を『旦那もそう、言ってた』と、そのスタッフさん。
子どもを持たない私は、どうも旦那さんの感覚に近くなる。子を持つスタッフさんから話を聞けば聞くほど、旦那さんの方に共感してしまう。
そして、妊婦さんに話を聞く機会はないので、ここぞとばかりに質問しまくる。話す。
楽しい。妊婦さんは良いなとか思っていたけど、辛い部分もあったりするみたいで、そこは想像するしかない。
スタッフさんが生物的なお母さんになっていくのを見るのとほっこりする。きっと、生まれてからも、お母さんになっていくのだろうな。
高校か中学の家庭科で、最初からお母さんみたいな人は居ないと、習った。
きっと、生まれてからも、赤ちゃんがちょっとずつ育っていくように、あの方も赤ちゃんと一緒にお母さんになっていくのだろうな。

片思い-牛乳石鹸のお父さん

伊世さんを好きになった理由は、神社の鳥居前でちゃんと、頭を下げていたから。そこが良いなと思った。あと、ちゃんと、電話じゃなくて、会って好意を伝えてくれた。自分の考えや礼儀として大事にするものがある、それが尊敬出来るなと思った。
あと、これは侮辱に聞こえるかもしれないけど、あなたは、牛乳石鹸のお父さんみたいに、なれそうだなと思った。
いろいろ、みんな怒ってる。
私は自分勝手なお父さんでもいいんじゃないと、思う。
牛乳石鹸のパパは、いい父親に疲れたか、面倒になったのじゃないかなと思う。
部下が叱られているのを見て、なんとなく、居酒屋に誘って慰める。
奥さんの電話を無視したのは、よくない。私も嫌だ。
でも、無視したくなったのかもな。
だから、わざと電話に出なかった。あんまりよくないけど。
お風呂場の回想シーンで、昔のお父さんは別に一緒に遊んでないし、風呂場でも勝手に背中を流させていた。
都合悪いこと、説明出来ないことは逃げちゃう。
それでもいいんじゃないかなって思う。
『さ、洗い流そう』も、昔の思い出も、自分の逃げる部分も仕方ないやと思ったのかもなセリフ。
全然違うけど、うちの父を思い出した。
うちの父には、母から聞いたんだけど、娘の運動会忘れたりしてた。そんでも、あとからフォローしてた、父なりに。でも、母はすごい、内心で怒ってたみたい。
わたしは、お父さんが来たら嬉しかったけど、別に気にしてなかった。父方のおばあちゃんも、運動会に来てたから。
母の怒りは最もなんだろうけど、娘は娘で気にしないし、そういうのは、母の自己満足なんじゃないかなと思う。
たまに来てくれる方がただ嬉しくて、そういう人なんだって思っていた。
寂しくはなかった。母が祖父母をいつも、連れてきてくれていたから。
たまに連絡忘れて、母に叱られたり、母がめちゃくちゃ怒っているけど、それが大事ってわかんないのだよね。
わかるようにしてこなかったから、そうなっちゃった。
マイペースなお父さん、良いお父さんじゃなくていい。
しっかり決めるときは決めてくれるお父さんでいい。
牛乳石鹸のお父さんは、ちゃんと、謝っていた。
謝ることが出来るお父さんは、いい。

男をたてる?

祖父母(専業農家)は、お盆も忙しい。昔話物語(竹取物語、桃太郎、金太郎など)の、おばあさんは家事や育児だけみたいだけど、嘘だ。母方の祖母は、いつも、祖父のサポート役で農業をし、家事と、育児をしていた。村の付き合いも、祖父のサポートの一つである。
昔物語は、お金持ちの都会の人が考えたのだろう。女性が家事や育児、遊ぶだけなんて、あり得ない。
父方の祖母(祖父の嫁)も、農業、家事、介護、外での仕事、育児、村付き合いもと、たくさん頑張ってた。
そして、さらにわたしの母(嫁)も祖母に同じ。
家のことは、母がいないと回らない。一応、彼女等嫁に来たのだけど……。でも、父をちゃんとたてている母。すごい。
祖母も、ぼやいてるけど、祖父をたてている。
母も祖母たちも出来ないことや、相手に任せるとこは、うまく任せている。頼んでいる。うまいなー。

広告を非表示にする

わけのわからない寂しさ

実家に帰ると寂しくなる。夜中に食べ物が食べたくなる。母が、余りの薬を離さない。薬局に持っていくと言っても、離さない。
ひとり暮らしのへやで真夜中に目を覚ます。一人だ。けれども、苦しさはない。
実家は別だ。
不安な材料を作ってしまう話になる。余裕がないから、お金も頼れない。この寂しさをどうしたらいいのか。寂しさで、人形を探す。